お問い合わせ  090-4794-9467 
営業時間 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
遺言書の種類と書き方 | 香川県三木町 行政書士事務所 いもと

遺言書の種類と書き方

f:id:yuuuu12:20190413061920j:image

今回は遺言についてお話ししたいと思います。

前回のブログでもお話ししたように遺言書は残された人へ、自分の意思を伝える

大切なお手紙です。遺言書へは相続の分割方法の記載のほかに

自分の気持ち「附言」を書くことも出来ます。

まず、遺言書の種類ですが、遺言書には自分で作成する自筆証書遺言と

公証人に作成してもらう公正証書遺言の二種類があります。

自筆証書遺言を有効な物とするには本文、日付、氏名が記入されており、

しかもそれが本人の直筆であること、捺印があることです。

自筆証書遺言は証人や立会人が不要で費用もかからないので手軽に作成できる遺言書であるといえます。

しかし、遺言者が亡くなった後、家庭裁判所での検認手続きが必要となります。ほかにも置いた場所がわからない、本人から遺言書があることを聞いていない、遺言書を書いた同時に本人が認知症等でなかったことが証明出来ない、などのデメリットの部分があります。

もう一つの遺言書は公正証書遺言です。公正証書遺言は、

遺言を残す人が公正証書役場に行き公証人に対して遺言の内容を伝え、

公証人に筆記して遺言書を作成する方法です。

メリットは遺言書が無効にならないこと、無くなったりしないこと、家庭裁判所での検認の必要がないことがあげられます。

デメリットは証人が二人必要なこと、費用がかかること、公正証書役場に出向かないといけないことです。(香川県は高松市内にあります)

この二つのメリットを掛け合わせたのが今回改正された法務局へ預ける制度ではないでしょうか。ただし遺言書は、財産の把握や財産一覧表の作成、遺言執行者の指名など付随する書類を用意したり、書き方など注意する点がありますのでしっかり準備して遺言書を仕上げましょう。

香川県三木町 行政書士事務所 いもと

行政書士 井本祐子 090-4794-9467

営業時間  平日 9:00~17:00

#三木町#さぬき市#高松市#香川県#行政書士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする