お問い合わせ  090-4794-9467 
営業時間 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
農地を宅地に (売買や賃借も) | 香川県三木町 行政書士事務所 いもと

農地を宅地に (売買や賃借も)

農地を宅地にして家を建てたり、駐車場にしたり、太陽光発電を設置したりするには、

農地法4条の転用の許可または、

届出が必要です。

農地を売買したり賃貸借したりし、

その相手が、その土地を農地以外に変更する

場合は農地法5条の許可又は届出が必要です。

農地転用の許可又は届出は、農業委員会又は県知事の許可が必要です。

農地が4ha以下の場合は(高松市の場合)

農業委員会への許可か届出

それ以上の場合は県知事の許可となります。

土地のある場所が市街化地区の場合は

「届出」となり、市街化調整区域の場合は

「許可」となります。

もしも、その土地が農業振興地域に属する場合は、事前に農地除外の手続きが必要です。

すべての許可がおりてから、地目変更の登記手続きが行えます。

もし、親御さんの土地を譲り受けて宅地にし、家を建てたい場合は名義も変更になるため、

5条での申請になります。

農地の一部を宅地にすには分筆も必要となるので注意しましょう。

尚、農地を宅地に変更してから売買することは農地法では許可されていません。

併せて注意しておきましょう。

f:id:yuuuu12:20190416220819j:image

#三木町#高松市#さぬき市#香川県#行政書士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする