お問い合わせ  090-4794-9467 
営業時間 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
農地の売買や農地の貸出 | 香川県三木町 行政書士事務所 いもと

農地の売買や農地の貸出

農地を農地のまま売買契約をしたり

貸したり借りたりする場合は農地法第3条

の手続きが必要です。

その場合は農業委員会の許可が必要です。

許可を取らずに契約を行った場合は

無効になります。勝手に行うと、

原状回復義務や罰則を受けることもあります。

(相続による所有者の変更は、農業委員会への

届出の手続きとなります。)

もしも、土地が農業振興地であれば、事前に

農振除外をしなければなりません。

そして、注意して欲しいのが、条件です。

購入したい人、借りたい人に対する条件が

あるのです。

①現在所有している土地を全て効率よく利用

していること。

②法人が借りるときは農地所有者適格法人であること。

③申請者(借りる人、買う人)や世帯員は農作業に常時従事すること。

④農地40a以上の所有が必要。(世帯員含む)

今回の購入や賃借で40a超えでも可能)

⑤土地の周辺農地の利用に影響を与えてはいけない。

⑥所有権以外の権原で持っている農地を

転貸したり質入をする事は出来ません。

信託の引き受けによる売買や賃借も同じです。

この条件は県等により若干の違いがあります

上記の条件は三木町で農地転用を行う時のものです、参考にしてみて下さい。

f:id:yuuuu12:20190417051304j:image

#三木町#高松市#香川県#さぬき市#行政書士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする