お問い合わせ  087-816-8500 
電話受付 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
ドローン規制?農薬散布出来 | 香川県三木町の行政書士 いもと

ドローン規制?農薬散布出来

ドローンで農薬散布できるか?

最近、ドローンを使って撮影をしたテレビ番組が増えていますね。

ドローンも、随分と安く買えるようになりました。

発売当初はかなり高かった記憶がありますが、

今は安いのであれば一万円前後で買えるんですね。なんと水中ドローンもあるとか…

時代の流れはいま急速に進んでいるようです。

ドローンといえば元々は軍事用に開発され、

その後、農薬散布をする為に民間向けに使われる様になりました。

「ドローンといえば空撮」ですが、ドローンによる空撮は最近まではありませんでした。

価格が安くなった事や小型化に伴ってドローンでの事件、事故、犯罪の件数も多くなっています。

そもそも、ドローンは自由になんの許可もなく飛ばして良いものなのでしょうか?

実際ドローンを買って飛ばしてみた事がある方はご存知だと思いますが、いくつかの規制がありますし、「飛ばさないで!」と禁止している公園や場所も多々あります。

航空法では

①空港の周辺の上空や人口密集地の上空

②地表や水面から150m以上の空域

③県や自治体の独自規制や条例がある場合

は承認がなければ飛ばせません。

あと

日中以外

目視出来る範囲以外

人や物から30m内

催し会場での飛行

危険物等の輸送

物件投下

これらの要素がある場合も承認が必要です。

国土交通省への事前申請をする事になります。

農薬のドローン散布はどうなるか

については、上記の

「危険物等の輸送」と「物件投下」

に該当しますので、国土交通省への事前申請が

必要です。

勝手に飛ばしてはダメですよー!

f:id:yuuuu12:20190521103406j:image

香川県三木町 行政書士事務所 いもと

行政書士 井本祐子 090-4794-9467

営業時間 平日 9:00〜17:00

#三木町#さぬき市#高松市#香川県#行政書士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする