お問い合わせ  087-816-8500 
電話受付 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
営業許可の飲食店と喫茶店の違い | 香川県三木町の行政書士 いもと

営業許可の飲食店と喫茶店の違い

営業許可を取る時には、クリアしなければならない条件があります。

何の営業許可を取るかによって若干の違いがありますが、衛生面での店内施設基準など共通する部分も多くあります。

例えば、飲食店営業許可と喫茶店営業許可は何が違うのか?など聞かれる事が良くあります。

どちらも同じようにカフェや料理屋さんの店を思い浮かべるかもしれませんが、実は大きな違いがあります。

みなさんが思い浮かべたカフェや料理屋さんは一般的に飲食店営業許可での営業となります。

では、喫茶店営業許可はどんな物か?喫茶店営業は主に調理をしないドリンクやかき氷、アイス等を提供するお店です。イメージとしては売店でしょうか?

主にドリンク等がメインとなりますので、調理をしないからとレトルトや炊飯したご飯等の提供等は出来ません。(カップ麺を売り、自分でお湯を入れてもらうことは可能です。※お店から購入してきた袋入りお菓子や缶ジュース、カップ麺等をそにまま販売するには許可は必要ありません)

お店で作って出せるものは温めたドリンク、ポットのお湯で作ったコーヒーや紅茶、ドリンクを開けてコップに移したり、コーヒーと牛乳を混ぜてカフェオレを作ったりが主です。カキ氷についてもシロップは購入したシロップになります。お店で作った物は出せません。

もちろんお酒類もダメです(甘酒でもダメですよ)

これ以外の品物を提供したいのであれば、飲食店営業の許可を取る方が良いでしょう。(深夜に酒類を主に提供する場合は深夜酒類提供の許可が必要です)

今は売る予定は無いが今後、もしかしたら売るかもしれないのであれば最初から飲食店営業で許可を取ることをオススメします。

次に営業許可を取るに当たって一番気になるのが内装や調理場の問題だと思います。店内の調理場をどうすれば許可がおりるのか?気にりますよね。飲食店営業を経営しようとして、最初から業者さんに頼んでお店を造った場合は問題ないと思いますが、今あるおうちを改造してお店にしたいとか、以前お店だった所を買い取ってお店にしたい場合は、どの位の改装になるのでしょうか?

長くなりそうですので、次回の記事で詳しく書いていきますね。

書いた人

香川県三木町 行政書士事務所いもと

代表行政書士 井本 祐子

連絡先  087-816-8500  090-4794-9467

ホームページ➡️http://miki-imoto.com/

アドレス  YU@miki-imoto.com←クリックするとメールが開きます。

お気軽に問い合わせ下さい。

メールでの問い合わせは24時間受付しています。

電話受付時間は平日の9時~17時です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする