お問い合わせ  090-4794-9467 
営業時間 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
空き家対策 空き家補助金 | 香川県三木町 行政書士事務所 いもと

空き家対策してる?

人が住んでいない家が全国にどれくらいあるとおもいますか?現在、全国で864万戸の空き家が発生しています。空き家率は13.6%。都会でも10%を超える空き家率となっています。人の管理がされなくなった住宅はどんどんと老朽化が進み、近隣住民などに悪影響を及ばすことも考えられます。空き家の適切な管理は「空家等対策の推進に関する特別措置法(空家法)」により空き家の所有者の責務とされています。もしも空き家が原因で近隣住民等に損害が発生した場合、持ち主等の責任を問われることがあります。皆さんの管理は大丈夫でしょうか?

空き家が放置されている原因は、「また住むかも」「片付けが面倒」「解体にお金がかかる」「更地にすると固定資産税が高くなる」「どうしていいか分からない」などの理由により放置されているなではないでしょうか?そこで国は2015年に「空き家対策特別措置法」を制定しました。空き家対策は今待ったなしの状態です。

では今後空き家をどうするべきか?考え方としては2つあります!残すか、壊すか、ですよね。活用可能性がある住宅は活用し、可能性の低い物は解体する。空き家に対する固定資産税も今後もずっと軽減税率が適用されるとは限りません。

活用出来る場合の方法として、まず各県の空き家バンクに登録し新しい買い手、借り手を探す。管理会社と提携して、空き家を民泊施設、シェア施設、農泊等に使用する。賃貸し空き家オーナーとなる。香川県にも空き家サポートチームがあります。空き家バンクに登録すると、改修や家財の処分に要した費用の一部を補助する制度がありますので、各自治体に一度連絡してみることをおすすめします。

もう一つの選択肢、解体するです。今後。空き家が「特定空き家」に認定されることによって固定資産税の減税税率の控除が無くなる方向に動いています。人に貸したり、売ったり、活用出来ない空き家は、安全の為にも解体することを視野にいれていると思います。では空き家の除去に対して補助や支援はあるのでしょうか?実は各自治体によるのですが、危険空き家に対して除去支援をしています。補助を受けるには条件があるのですが、リフォームにも補助が出る自治体もあるので一度、空き家がある自治体に連絡してみるのはいかがでしょうか?

もしも平日に時間が取れなくて役所の窓口に行けない方はご相談くださいね。

香川県三木町  行政書士事務所 いもと

090-4794-9467 行政書士 井本祐子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする