お問い合わせ  087-816-8500 
電話受付 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
放課後児童クラブの概要 | 香川県三木町の行政書士 いもと

児童クラブの概要

放課後児童クラブとは

正確には「放課後児童健全育成事業」と言います。保護者が労働等により昼間家庭なはいない小学生の児童に対し、授業終了後等に適切な遊び及び生活の場を与え発達段階に応じた遊びや生活を通じて健全な育成を図るものです。

実施主体

事業の主体は主に市町村が行う、ただし市町村が適切と認め者に委託することもできるそれ以外の者が事業を行う場合はあらかじめ省令で定める事項を市町村に届け出る必要がある

施設体制

児童数は一クラス、おおむね40人以下とし放課後児童支援員は2人以上とする、ただし1人以外は補助員とすることもできる。

「放課後児童支援員」は保育士、社会福祉士、幼稚園教諭、小学校教諭などの有資格者又は高卒以上で、2年以上児童福祉事業に従事している方が、都道府県が行う認定資格研修を修了したものでなければならない。

「補助員」は子育て支援員基本研修及び子育て支援員専門研修を修了していることが望ましい。

開所規定

開所する日数は年間250日以上開所すること(ただし、必要ない場合は特例として200日以上の開所でも可能)

開所時間は長期休暇や休業日は1日につき8時間、休業日以外の日は1日につき3時間です。

施設設備

小学校の空き教室や児童館、保育所等や民家、アパートなども可能。

施設には遊びや生活の場、静養するたの機能を備えた区画や、ロッカーや必要な床材を、備える必要がある。児童1人につき1.65m2以上のスペースを確保すること。

専用区間等は衛星及び安全が確保されていること。

その他、留意事項

運営内容は放課後児童クラブ運営指針に定める規定を踏まえた運営を努力すること。

放課後児童健全育成事業と目的を異にする事業の実施をするものについては、本事業の対象とならない。なお、スポーツや塾などの特別な内容を実施することは差し支えないが、費用は本事業の対象とならない。

外遊びや発達段階にふさわしい遊びや生活環境、伝承遊びや文化に触れる体験など多様な活動や遊びの工夫をすることを考慮すること。

運営主体は損害賠償保険に加入し、賠償すべき事故が発生した場合は損害賠償を速やかに行うものとする。また傷害保険に加入することも必要。

などが、放課後児童クラブの概要となります

書いた人
香川県三木町 行政書士事務所いもと
代表行政書士 井本 祐子
連絡先  087-816-8500  090-4794-9467
ホームページ➡️http://miki-imoto.com/
アドレス  YU@miki-imoto.com←クリックするとメールが開きます。
お気軽に問い合わせ下さい。
メールでの問い合わせは24時間受付しています。
電話受付時間は平日の9時~17時です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする