お問い合わせ  087-816-8500 
電話受付 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
遺言書 公正証書遺言とは? | 香川県三木町の行政書士 いもと

遺言書 公正証書遺言とは?

おはようございます。

香川県三木町で行政書士とカウンセラーをしています。「いもと」と申します。

さてさて、今回は遺言書の第2弾。公正証書遺言についてでしたね。

皆さんは公正証書遺言ってご存知でしょうか?

自筆遺言書は亡くなった後に相続人が家庭裁判所で検認してもらわないといけないと前回お話ししましたが、公正証書遺言書の場合は、遺言書を公証役場にて公証人とともに確認し署名押印するので検認の必要がなく、相続の手続きもスムーズに行うことが出来ます。

公証役場で署名押印した後に原本を公証役場で保管し、写しを持ち帰ります。遺言書を書いた本人が亡くなった後はこの写しを使えば、遺産分割協議書がなくても遺言執行者や、相続人が銀行の口座からの引き出したり相続の手続きをすることが出来ます。

遺言書を作った時点で、遺言書としてきちんと認められているということですね。遺言書を作るなら公正証書遺言が一番良い方法ではないかとおもいますが、デメリットもあります。それは、お金がかかることです。

必要となるお金ですが、まず原案の作成や公証役場とのやりとり、公証人から指摘された遺言書の内容変更などを行政書士や司法書士などに頼む時の報酬や公証役場に払う報酬(相続人に相続する土地や財産の額により変わる)が必要となります。

遺言書と聞くと大げさだと思うかもしれません。大した土地やお金が無いのに揉めたりしないだろうと思う人もいます。
でも実際は誰がどの土地をもらうのかなど、ほんの些細なことで揉めてしまったケースが沢山あります。親が亡くなった後で相続の手続きが本当に大変だったと話す人も何人もいます。

遺言書が面倒だと思っても、遺言書に自分の希望や気持ちを書くことで、残された人々が穏やかに生活してくれるならこんなに良いことはありません。亡くなった後に後悔しないように、遺言書を一度考えてみませんか。

書いた人

香川県三木町 行政書士事務所いもと

代表行政書士 井本 祐子

連絡先  087-816-8500  090-4794-9467

ホームページ➡️http://miki-imoto.com/

アドレス  YU@miki-imoto.com←クリックするとメールが開きます。

お気軽に問い合わせ下さい。

メールでの問い合わせは24時間受付しています。

電話受付時間は平日の9時~17時です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする