お問い合わせ  087-816-8500 
電話受付 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
相続を始める前にやること | 香川県三木町の行政書士 いもと

相続を始める前にやること

おはようございます。

香川県三木町で行政書士とカウンセラーをしています。「いもと」と申します。

今日は、両親や配偶者が亡くなった後、相続を始める前に確認が必要なことについてお話ししようと思います。

経験がある方や、本などの情報で知っている人は故人が亡くなった後、故人名義の銀行の口座は凍結されてしまい勝手に引き出したり名義変更は出来ないようになっていることを知っていると思います。

そのため、生きている時から少しずつ子供の口座などに葬式用の費用を移したりする方も多くいらっしゃいます。

今は、法律が改正されて、葬儀代や入院していた費用の支払いなどについては相続人の代表の方が口座から現金を引き出すことができるようになりました。

問題は葬式が終わったあとで実際に相続が始まった場合、故人の口座や土地、建物を相続人で分けたり名義変更などをするには、何から始めたら良いのでしょうか?

まず第1にすることは、遺言書があるかどうかを探すことです。故人が生前に何か言ってなかったか、エンディングノートなどを書いていないか?などを思い出して遺言書の有無を確認します。

たまに、遺言書を金庫に隠して開けることが出来ない場合がありますので、ご自身が書くときには注意してください。遺言書を書いた場合はそのことを誰かに伝えるか、分かりやすい場所に保管するのが良いです。

遺言書があった場合はその指示に従って相続を実行します。(自筆遺言書の場合は家庭裁判所での検認が必要です)遺言書があれば、遺言書に財産のリストが付いていることがありますのでそれを参考にして、

遺言書がない場合は財産(遺産)のリストアップの作業にかかります。故人の口座、年金、退職金、株や証券、保険金(保険金の場合は受取人指定がありますので遺産とは少し性質が異なります)土地や建物などです。

次に、相続人の確認をします。故人の戸籍(除籍)や住民票を取り寄せます。戸籍(除籍)は本人の出生から必要となります。

ここで、本来の相続人が誰なのかを調べます。故人と養子縁組をしている子や前の配偶者との子供がいないか、相続人だと思っていたが、実は配偶者の連れ子で養子縁組がされておらず相続人となっていなかったなどの事実がないか確認しておきます。

ここまで出来たらやっと相続についての話し合いを始めることができます。いかがだったでしょうか?相続を始める前にもいろいろと準備が必要なことがお分かりいただけたでしょうか。

遺産を分けた後に他の相続人が出てきたり、他の土地が出てきた場合は、揉める原因になったり、相続のやり直しをすることになってしまうので、しっかりと確認や準備をすることが大切です。相続の開始については次回お話ししますね。

書いた人

香川県三木町 行政書士事務所いもと

代表行政書士 井本 祐子

連絡先  087-816-8500  090-4794-9467

ホームページ➡️http://miki-imoto.com/

アドレス  YU@miki-imoto.com←クリックするとメールが開きます。

お気軽に問い合わせ下さい。

メールでの問い合わせは24時間受付しています。

電話受付時間は平日の9時~17時です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする