お問い合わせ  087-816-8500 
電話受付 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
遺言書 書いた方が良い人。 | 香川県三木町の行政書士 いもと

遺言書 書いた方が良い人

こんにちは、

香川県三木町で行政書士とカウンセラーをしています。「いもと」と申します。

今日も遺言書のお話しになりますが、今回は遺言書を書いた方が良い人についてお話しします。

前回から遺言書を書いた方がいい理由を述べてきました。今回は書いた方がいい人とその理由をまとめておこうと思いますので、該当する方は少し参考にしてみて下さい。

相続で揉めるのことの一つに、自分だけが相続人だと思っていたら、実は違っていた。貰えると思っていたら実は相続人に含まれていなかった。などがあります。

実は、相続する側もされる側も、相続されるだろうと勘違いや思い込みでそのまま何もしていないケースが多く、実際に相続が始まってみたら思いもよらない相手に遺産が渡ってしまうことがあります。

今回は、遺言書を書いた方が良いパターンをその理由も含めてご紹介いたします。以前お話しした内容と被っている部分もありますが、お付き合い下さい。

まずは、・一緒に暮らしいる配偶者が内縁である。・子供が実は再婚相手の子供で養子縁組をしていない。・認知していない子供がいる。・死んだ子供の配偶者にお世話になっている。(一緒に暮らしている)などですが、
この上記の人達には、基本的に相続はされません。遺留分もありませんので、亡くなった後、他の人が遺産や不動産を相続してしまいます。
上記の人達に遺産や不動産を残すのであれば、遺言書を書いたり、養子縁組をしたりと対策が必要です。

次に・夫婦に子供がおらず、配偶者が亡くなった場合・相続人がいない場合。・認知している隠し子、認知していないが遺言で認知をする子供がいる場合。・離婚した前の配偶者との子供がいる場合。この場合は、思わぬ相続人が出てきて遺産を分けなければならない場合です。

例えば、子供がいない夫婦は配偶者だけに相続されるのではなく、亡くなった方の両親又は祖父母、又は兄弟に遺産が相続されます。

相続人がいない場合も、もしかしたら相続人がいる場合もありますし、本当に相続人がいない場合は国に渡ることになります。もしも何処かへ寄付等をしたい場合は、遺言にて指定することも出来ます。

別れた配偶者との間に子供がいる場合や、認知した子供がいる場合にも、どういう風に分けるのかの希望を遺言書に記入したり、遺言書内の付言(最後に記入するメッセージのようなもの)でどうしてこう分けたのかなどの思いを伝えるなどして、残された人達が揉めないようにすることも出来ます。

あとは、・同性のパートナーに財産を残したい場合。・特定の子供に多く財産を残してやりたい場合。・相続人に行方不明者がいる場合。・障害や認知症の症状がある家族がいる場合。・相続財産の多くが不動産の場合。・相続人ではない人や団体に財産を渡したい場合。などです。


これらの場合は相続で揉めたり、相続出来なかったり、相続の手続きに入れない場合がありますので、事前に確認して、遺言書で残しておくことをオススメします。


法律で決められた相続人以外に財産を残したい(渡したい)場合を遺贈といい、遺言書がなければ遺贈は出来ません。


遺言書を書かないとしても、自分の財産が誰に相続されるのか、どのように分けるのか?などは一度考えてみた方が良いと思います。ぜひ、これを機会に子供達とも話し合ってみて下さい。

書いた人

香川県三木町 行政書士事務所いもと

代表行政書士 井本 祐子

連絡先  087-816-8500  090-4794-9467

ホームページ➡️http://miki-imoto.com/

アドレス  YU@miki-imoto.com←クリックするとメールが開きます。

お気軽に問い合わせ下さい。

メールでの問い合わせは24時間受付しています。

電話受付時間は平日の9時~17時です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする