お問い合わせ  087-816-8500 
電話受付 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
地域型保育や小規模保育?って | 香川県三木町の行政書士 いもと

地域型保育や小規模保育?って

平成27年4月に保育制度が改正されました。

待機児童問題や新規参入の難しさが今回の改正によって少しでも緩和されることが期待されています。

新制度によって新しく始まったのが「地域型保育」(皆さんが小規模保育と呼ぶ保育施設もこちらに含まれます)と「企業主導型保育」です。

少子化の時代ですが、子供を保育園に預ける家庭は増えています。地方でも待機児童は存在します。今まで保育施設開設の高いハードルに躊躇していた方も参入の機会がやってきたのではないでしょうか。

地域型保育では、預かる人数が6人~(場合に寄っては1人~)可能になります。小規模な運営が出来るのが魅力的ですね。

さて、今回の記事では「地域型保育」についてお話しします。「企業型保育」については少しお待ちください。

地域型保育について

地域型保育は市町村が定めた条件をクリアし審査を受けないと認可されません。必ず許可されるとは限りませんし、認可が下りないと補助金を受けて運営することが出来ません。

地域によって待機児童が今後増える予定がないなど、ニーズがない場合は審査が通りにくくなっています。地域によっては独自の要件を定めていることもあるので開設場所を決めるときは必ず開設予定の自治体に確認するようにしてください。

市町村の認可により運営を行うので保育料や入園する園児は自治体が決めることになります。入園する児童をチラシなどで募集することは出来ません。

もしも地域外の子供を入園させたい場合や独自カリキュラムをアピールして賛同のある保護者に来て欲しい場合は「認可外保育」をおすすめします。

他にも、経営している会社の従業員を優先的に入園させたい場合は、地域型保育の「事業所内保育」や認可外保育の「企業主導型保育」を検討ください。

次回は地域型保育の種類や基準について書きたいとおもいます。

書いた人

香川県三木町 行政書士事務所いもと

代表行政書士 井本 祐子

連絡先  087-816-8500  090-4794-9467

ホームページ➡️http://miki-imoto.com/

アドレス  YU@miki-imoto.com←クリックするとメールが開きます。

お気軽に問い合わせ下さい。

メールでの問い合わせは24時間受付しています。

電話受付時間は平日の9時~17時です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする