離婚による年金分割~3号分割と合意分割~

離婚後の年金について

老後にもらうことのできる年金ですが、婚姻期間中に配偶者が納めていた年金の納付分は分けてもらうことが出来るのを知っていますか?

年金の種類

ご存じのとおり年金には、基礎年金(国民年金)と厚生年金、その他に企業年金や個人年金があります。(現在、共済年金は厚生年金に統一されています)

分けることが出来る年金

離婚による年金分割手続きの対象となるのは、厚生年金のみです。自営業等で国民年金しか加入していない場合は分割請求は出来ません。

個人年金や基金、確定拠出年金などの年金は財産分与の対象となります。

分割対象となる期間

対象となる期間は、婚姻から離婚までとしています。(婚姻期間中のみが対象)

分割の種類

年金分割には、合意分割とよばれるものと3号分割と呼ばれるものがあります。3号分割というのは、3号被保険者が請求する方法で、合意分割とは3号分割以外であった場合に合意によって分割する方法です。

3号分割とは

3号分割というのは、例えばご主人が会社員で厚生年金を納めており、奥さんは扶養(3号被保険者)で婚姻したのが平成20年の4月1日以降の場合は、3号分割による請求が可能です。

基本的には相手方の合意の必要なく3号被保険者の方からの請求で婚姻時に納めていた厚生年金部分の分割が認められます。割合は2分の1づつになります。

合意分割とは

合意分割とは基本的に3号分割以外のことをいい、双方で分割率を決めなければならない方法です。分割の割合は当事者同士の合意によって決めるか、裁判所における手続き(審判や調停)によって決まります。

例えば、双方に厚生年金加入の時期がある場合や平成20年の4月1日以前から婚姻していた場合はこちらの合意分割で分割請求を行います。

その他注意点

・合意分割において相手方の了承(合意)がとれそうに無く年金分割をあきらめないといけなくなった場合、もしもあなたが3号被保険者から外れたことがなく、婚姻期間だった平成20年4月1日以前の年金分割をあきらめるのであれば、3号分割として平成20年4月1日以降の年金を分割することも可能です。

・合意分割の場合、婚姻期間中にもしもご自身の方がより多く厚生年金を納めている場合は(第1号改定者という)将来の年金受取額が減ってしまうことになりますのでご注意ください。

・年金分割の請求期限は離婚をした日の翌日から2年です。離婚したらできる限り早く請求することをおすすめします。

次回は、請求方法について書きたいとおもいます。

書いた人

香川県三木町 行政書士事務所いもと

代表行政書士 井本 祐子

連絡先  087-816-8500  090-4794-9467

ホームページ➡️http://miki-imoto.com/

アドレス  YU@miki-imoto.com←クリックするとメールが開きます。

お気軽に問い合わせ下さい。

メールでの問い合わせは24時間受付しています。

電話受付時間は平日の9時~17時です。