相続手続き、何から始める?~相続放棄期限と負債の探し方について~

「身近な人が亡くなって葬式や片付けなどで忙しく、気がついたら何ヶ月も時間が過ぎていた」なんてことは本当によくある話です。

そろそろ相続の手続きが必要かな??と重い腰をあげて、相続って一体何からしたらいいのだろうと調べ始めたときには

もしかしたら手遅れになっている手続きがあることを皆さんは知っていますか?

実は相続手続きの中で一番最初に期限が来てしまうもの・・・それは「相続放棄」なのです。

相続放棄は、簡単に言えば亡くなった人の財産を相続人が放棄する手続きです。

「相続を放棄したら建物や財産を相続出来ないんだから、相続放棄なんてするわけがない!」

と思われる方も多いと思いますが、相続の対象となるのはプラスの財産だけでは有りません。マイナスの財産、つまり借金も相続財産となってしまうのです。

亡くなった方が持っていた財産よりも、借金などの負の財産の方が多い場合は、相続人は借金を背負うことになります。

そんなことにならないように、この記事で財産放棄の期限や方法、負の財産の調べ方について、相続・遺言専門の行政書士と学んでいきましょう。

相続放棄の期限と負債の探し方

まずは相続放棄の期限ですが、相続が始まってから又は相続を知ってから3ヶ月です。

3ヶ月以内に家庭裁判所で相続放棄の手続きをしなければなりません。

相続放棄が必要かどうかは、期限までに亡くなった方に負債があったのかどうかを探さなければなりません。

負債というのは、ローンや借金、クレジット等です。

その他にも、誰かの保証人になっていたり、知り合いからお金を借りている可能性もあります。

保証人になっていたり、誰かからお金を借りている場合は、亡くなった方が相続人に事前に伝えていないと探し出すのは少し難しいかもしれません。

ただ、銀行やクレジットのローンであれば、調査機関に情報の開示を求めれば見つけられるものがあります。

例えば、銀行から借入を調べる場合は、全国銀行個人信用情報センターへ

クレジット会社への借入を調べたい時は、㈱CICへ

消費者金融への借入があるかもしれない場合には㈱日本信用情報機構JICCに情報の開示請求をします。

請求した情報は相続人に郵送されてきますので、亡くなった方の負債を確認してみて下さい。

相続放棄のメリットとデメリット

さて次に相続放棄のメリットとデメリットですが、

メリットはなんといっても亡くなった方の借金や保証人などを引き継がなくていいと言うことです。

ただ相続放棄をすると相続人ではなくなるので、土地や家、車などを相続することも出来なくなることに注意が必要です。

一度相続放棄をすると後から莫大な遺産が出てきたとしても、取り消すことも出来ませんのでこちらにも注意をしてください。

(詐欺や脅迫、未成年や成年後見人が勝手にした行為などは取り消すことも出来ます)

あと生命保険ですが、こちらは受取人に指定されている人が財産放棄をしたとしても受け取ることが出来ます。

生命保険は、受取人固有の財産となりますので遺産には含まれません(受取人が亡くなった人本人である場合は遺産に含まれます)

ただし、相続放棄をした人は、生命保険の非課税措置の適応をすることができません。

つまり、生命保険の受取金額には非課税になる限度額があり、生命保険金が法定相続人の人数×500万円以内であれば税金はかからないようになっています。

例えば、法定相続人にAさん、Bさん、CさんがいてCさんが相続放棄をしたとします。

生命保険金の非課税の計算では、財産放棄した人も含むので、法定相続人を3人とし 3人×500万円で生命保険金はトータル1500万円まで非課税となります。

よって相続人A,B,C全員の保険金受取額の総額が1500万円以内ならAさんとBさんの受け取った保険金に対する税金は非課税となるのですが、

相続放棄したCさんだけは受け取った保険金の分の税金を支払わなければなりません。

相続放棄手続き方法や必要書類

それでは最後に、相続放棄のやり方についてお話しします。

相続放棄は家庭裁判所で手続きを行います。親や配偶者など被相続人が亡くなってから又は相続を知ってから3ヶ月以内の手続きが必要です。

おもな準備物はこちらです。(被相続人と相続人の関係によっては準備する物に若干の違いがあります。)

  • 相続放棄申述書 こちら
  • 亡くなった方の住民票除票または戸籍附票
  • 亡くなった方の戸籍謄本(死亡時の)
  • 相続放棄する人の現在の戸籍謄本
  • 収入印紙800円分
  • 切手 84円×5枚 10円×5枚
  • 自身の認印
  • 本人確認書類(免許証、保険証、パスポートなど)

申述書の書き方が分からない場合や準備物が分からない時は、自分の管轄の家庭裁判所でも詳しく教えてもらえるので電話などで問い合わせてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

相続放棄についてお分かりいただけたでしょうか?

①亡くなった人の財産と負債を調べる

②もしも負債の方が多いようであれば相続放棄を考える

③家庭裁判所で相続放棄をおこなう

この大事なポイントの3点は覚えておくようにしましょう。

なお、相続財産にプラスが多いのかマイナスが多いのか、どちらの判断も付かない場合は「限定承認」という方法があります。

財産のプラスの部分だけを相続出来る良い方法なのですが、(マイナスが多いと何も相続されない)

限定承認は相続人全員が行わなければならないことと、手続きが少し複雑になっているため期限内で自分でするには少し難しいかも知れません。

どちらにしても相続放棄や限定承認は期限3ヶ月となっていますので気をつけて手続きしてくださいね。