遺言執行について

遺言があった場合にその遺言の内容を実行(執行)する人のことを「遺言執行人」と呼びます。遺言に遺言執行人の記載があるか、無い場合は相続人が遺言執行者となります。

遺言書によって相続手続きができるわけですから、遺言執行人の存在は重要です。

遺言執行の手順

遺言書がある場合のメリットはたくさんありますが、一番のメリットは遺産分割協議書が不要になることです。次のメリットは、指定された遺言者が全ての手続きを遺言執行者の権限で行えることだと思います。名義変更や解約手続きに他の人との協議や判子が必要ありません。

基本的な流れはこうなっています

  • 相続人の調査・戸籍の収集
  • 遺言を確認し相続人へ遺言内容の通知
  • 財産の調査・確認
  • 財産目録の作成
  • 遺産の管理
  • 遺言執行人以外の相続人へ遺産の振り分け
  • 不動産や動産の名義変更
  • 相続税の確認や申告など

2019年の7月の法改正で遺言執行人の権限の明確化や、遺言内容の通知が義務化されました。相続人が遺言執行者に指定された場合にやむを得ない理由がなくても復代理人を選出することができることも明記されました。

これにより遺言執行が難しいとき、仕事の合間にしていたのでは相続税や所得税の申告期限に間に合いそうにないときなど、どんな理由でも代理人に代わって手続きしてもらうことができるようになりました。