遺言書について

遺言に日付、署名、押印があればその遺言書は法的に認められる遺言書となります。しかし法的に認められた遺言書であれば内容はどのようなものでも良いのでしょうか。

遺言書を書く理由は人それぞれですが、相続がスムーズに進むことや相続争いが起きないことが本当の目的だといえます。

では問題を解決できる遺言書とはどのような内容なのでしょうか?目的にあった遺言書作成サポートを専門家に任せてみませんか?

自筆証書遺言サポート

  • 財産調査&財産目録作成
  • 相続人調査&相続関係説明図
  • 遺言書作成サポート
  • 遺言書保管サービス

公正証書遺言サポート

  • 財産調査&財産目録作成
  • 相続人調査&相続関係説明図
  • 遺言書案作成
  • 公証人さんとの打合せ

遺言書の最後には付言というメッセージを添えることができます、遺言書の最後に付言で想いを伝えることによって、不必要なもめごとを回避することもできます。

また、遺言書があれば相続の時に必要な遺産分割協議書を省くことができます。(遺産分割協議書は法定相続人全員の実印が必要)通帳の解約や名義変更、土地や建物の名義変更等にはこの遺産分割協議書か遺言書が必要となります。

もし法定相続人の中に「実印をもらうのが大変そうかな?」「あの人が今どこにいるのか分からないかも?」「離婚した息子が先に亡くなってしまったので息子の子供に連絡して判子を押してもらわないと!」「出来れば一人に多く渡したいからその子だけで相続手続きが出来るようにしてあげたい。」など遺言書が必要なケースは多くあります。

人によって遺言書の中身は変わるのが当然です。遺言書もの内容や必要の有無について一度ご相談ください。

相続について

相続のお手伝いも可能です。

  • 相続関係説明図や遺産分割協議書の作成
  • 相続人の調査、相続財産の調査、財産目録の作成、各種名義変更
  • 預貯金や名義変更のための法定相続情報証明制度の相談
  • 遺言執行についての相談や遺言執行も可能です。
  • 遺言執行人に指名されているがどうすればいいのか分からない時などの対応

相続にはさまざまな手続きが必要となります。自分でやってみたけどすごく大変だったという人がたくさんいらっしゃいます。

遺言書の有無から始まり、法定相続人や財産の調査、遺言書が自筆証書遺言の場合は検認手続き、相続方法の決定や遺産分割協議書の作成、遺産の名義変更などがあります。必要な書類を集めたり、法定相続人との連絡や調整も時間がかかります。

亡くなってからの役所の手続きも多くありますので、困ったときはご相談ください。

終活について

最近、テレビや雑誌で取り上げられるようになった終活やエンディングノートについて皆さんどこまでご存じですか?終活を行うと何が違うのでしょうか?

終活はいつ、どんな内容について考えておけば良いのか、遺言書を残した場合と残さない場合では何がどのように違うのかなど。

亡くなる前の準備から、亡くなった後のことなど一緒に考えて見ませんか?子供が遠くに住んでいる方や、配偶者に先立たれ身近に頼れる親族のいない、おひとり様終活サポートや亡くなった後の手続き、各種契約解除や葬式のご相談など気になる方は一度ご連絡ください。