生活費が足りない・・生活がしんどい・・病気で働けない・・

そんなときに利用できるのが生活保護です。

生活保護は働いていても、障害年金や基礎年金、母子手当をもらっていても足りない部分を生活保護で補うことが可能です。

あなたの世帯の収入が最低生活費を下回っていれば申請することが出来ます。

※最低生活費は住んでいる場所や世帯の人数、家族の年齢や障害、家賃等によって変わります。

年が若くても、住所が決まっていなくても申請が可能です。

場合によっては車や持ち家があっても申請が可能な場合があります。

家族の援助を強制したり、家族に連絡が行かないようにする方法もあります。

窓口に行くのが不安な方や窓口で追い返された方などご相談ください。

生活保護の申請は本人でなくても家族や同居の親族でも可能です。

ご家族の方からの相談もお受けしています。

連絡先 080-5663-6021(代表行政書士 井本携帯)

問い合わせのメールフォームもご利用ください。

メールや電話相談無料ですのでぜひご利用ください。