相続が発生するのは人が亡くなった時です。亡くなった人の財産や様々な権利、義務がその人の家族に引き継がれます。もちろん放棄することもできますが、まずは亡くなった人の財産や権利についてあきらかにしていきます。

相続手続きの流れ

相続に流れについて簡単にご説明します。

1,遺言書の有無を調べる

故人が生前に遺言書を残していないかを調べます。作成したことを皆さんにお伝えしてくれていればすぐに見つかりますが、そうでないことも多いです。

仏壇の引き出しや故人のタンスにあれば良いのですが、金庫や貸金庫にしまってあると鍵の場所や暗証番号が分からなかったり、貸金庫の場合は契約者の死後勝手に開けることが出来ません。できれば見つかりやすい所に置いてほしいですね。

あと、法務局や遺言執行者に預けてあることもありますのでそちらもご確認ください。

もしも遺言書が何通も出てきた場、基本的に日付が新しいのが採用されます。

1-①遺言書がある場合

遺言書があった場合は遺言書が公正証書遺言なのか自筆証書遺言なのかを判断します。

公正証書遺言の場合

遺言書が公正証書だった場合はそのまま相続手続きが可能です。遺言執行者として指定された人が手続きを行います。

自筆証書遺言の場合

封がしてあった場合は勝手に開封してはいけません。まずは家庭裁判所で検認手続きを行います。法定相続人を調べて申立を行います。申し立てには遺言者の戸籍、相続人全員の戸籍謄本などが必要です。※2ヶ月程度かかります。

遺言を実行(執行)する人のことを「遺言執行人」と呼びます。ほとんどは遺言書の中で指定されていますが、記載の無い場合は相続人が行います。

検認完了後、相続の開始となります。執行人はまず財産目録を作ります。遺言書に添付されていればそれを元に変更点や新しい財産がないかなどを調べます。

財産目録が完成したら、遺言に沿って遺産を分割し相続税があればお支払いをします。

1-②遺言書がない場合

遺言書が無かった場合は法定相続人の皆さんが相続手続きを行います。誰か一人に決めた方がスムーズに進みますが、争いの原因になってしまうこともあります。

2,法定相続人を確定します

故人の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍、除籍、改正原戸籍などを取得します。離婚した前の配偶者との間に子供がいる場合や認知している子供、養子縁組している子がいないか確認します。もしもいた場合はその子たちも法定相続人となります。

3,財産目録を作ります

遺産分割協議書を作成するために、どのような財産(遺産)があるのかを調べます。土地や建物の権利書はもとより貯金通帳やネット銀行、貸金庫や証券の有無も確認します。マイナスの負債があることもありますのでしっかりと確認してください。

もしもマイナスの財産の方が多く、財産放棄をしたい場合は相続開始から3ヶ月です。

4,遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書は、すべての相続人が話し合って作ります。一人でも漏れていると遺産分割協議書が無効になってしまいますので相続人の全てに連絡して協議を行います。

もしも相続人の中に未成年や認知症の方がいる場合は代理人や後見人が必ず必要です、まずは選任や成年後見の申し立てから始めて下さい。

話し合いの結果、相続人の全員が納得すれば遺産分割協議書が完成します。できあがった遺産分割協議書は全員の署名押印、印鑑証明が必要です。

もしも遺産分割が上手くいかなかった場合や協に参加しない人がいる場合は「遺産分割調停」へと進みます。

5,遺産の名義変更~完了まで

遺産分割協議書が完成したらそれを持って登記の変更や通帳の解約などが可能になります。相続税がある場合はそちらの申告も行います。

以上が相続の手続きの流れとなります。その他にも親族は事務手続きや役所への請求もありますので、かなりの時間と労力がかかってきます。もしもお手伝いが必要だと感じた時には、ご連絡をいただければお手伝いいたします。