お問い合わせ  087-816-8500 
電話受付 平日 9:00~17:00
メールは24時間受付しています
保育施設・地域型保育事業・企業型保育 | 香川県三木町の行政書士 いもと

保育・児童

保育施設の種類、概要

◆認可保育施設  

認可保育施設とは、都道府県が認可した「幼稚園」「認定こども園」「保育所」と市町村が認可した「地域型保育」があります。

認可保育施設は国や自治体から補助金を得ての運営が可能です。国や自治体から補助金を得るためには条件をクリアし申請が認められなくてはなりません。

園児の保育利用料や利用者は地方自治体が決めることとなります。

●地域型保育事業の種類

  • 小規模保育 A型・B型・C型
  • 事業所内保育事業
  • 家庭保育事業
  • 居宅訪問型保育事業

◆認可外保育施設

認可外保育施設とは、民間が運営する私立の保育施設です。地方自治体に届出を出し「認可外保育施設指導監査基準」に沿って運営しています。

基本的に認可外保育施設は補助金がでず、保育料が収入の全てとなるため保育料が高額になりがちです。ただ独自のカリキュラムなど柔軟な内容に取り組めるのが利点となります。

認可外保育の中に「企業主導型保育」があります。

●企業主導型保育

企業主導型保育事業は、認可外保育の中でも補助金が出るタイプの保育施設となります。財源は厚生年金内の「子ども・子育て拠出金」です。

企業主導型保育をしたい企業が申請書類を申請し、公益財団法人児童育成協会が審査します。審査をクリアした保育施設に補助金が配布される仕組みです。

放課後児童クラブ

放課後児童クラブとは

正確には「放課後児童健全育成事業」と言います。保護者が労働等で昼間家庭にいない小学生の児童に対し、授業終了後等に適切な遊びの場や生活の場をあたえ発達段階に応じた遊びや生活を通じて健全な育成を図るものです。

実施主体

事業の主体は主に市町村が行う、ただし市町村が適切と認める者に委託することもできる。これ以外の者が事業を行う場合は、あらかじめ省令で定める事項を市町村に届け出る必要がある

施設体制

児童数は一クラス、おおむね40人以下とし放課後児童支援員は2人以上とする、ただし1人以外は補助員とすることもできる。

「放課後児童支援員」は保育士、社会福祉士、幼稚園教諭、小学校教諭などの有資格者。それ以外は高卒以上で2年以上児童福祉事業に従事し、都道府県の行う認定資格研修を修了した人がなれる。

「補助員」は子育て支援員基本研修及び子育て支援員専門研修を修了していることが望ましい。

開所規定

開所する日数は年間250日以上開所すること(ただし、必要ない場合は特例として200日以上の開所でも可能)

開所時間は長期休暇や休業日は1日につき8時間、休業日以外の日は1日につき3時間の開設が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする